NEWS

11月17日(土)練馬野球教室

2018.12.04

11月17日(土)練馬野球教室11月17日(土)に練馬区東台野球場で、野球教室を開催しました。
当日は、少年野球チーム6チーム計75名が参加し守備練習・バッティング練習・ゲームを行い、「小学生のうちに基礎を身につけよう!」と私たちコーチ陣は、指導してきました。
打つ練習は、バットを横にスイングする練習としてキャッチャー側の膝を地面につけ、ピッチャー側の膝を立てて打つ練習の「片膝立ち打ち」、下半身の力を使って打つ練習の「体重移動打ち」をしました。今回行った練習方法をやったことがない子どもたちが多く、どの子もコーチの話を真剣に聞き、まじめに取り組んでいる様子でした。
守備練習は、キャッチボールの他に4人1組で中継プレーの練習で基礎を学んでもらい、
最後は中継プレーの実践練習として、学年別に分かれ「タッチアップゲーム」を行いました。
まずは、ランナー・守備者(レフト)・中継者(サード)の3グループに分かれてそれぞれを練習し、ゲームの流れを一通り覚えてもらいました。
その後
・ランナーチームはホームインしたら1点
・守備者はランナーをアウトにしたら1点(レフト・サードに各1点)
というルールで競争を行いました。
このように学年に合わせて塁間を変えたり、フライの難易度を変えたりすることで同じ練習内容でも各学年に合ったゲームを行うことができます。
練習する環境で子どもたちが感じることは違うはずです。塁間を変えての練習は、様々な練習ドリルで活用することができるので、是非ご参考にしてください!

▲ページトップへ